G2J Entertainment.

寝ても覚めても「ルーサー・ヴァンドロス」:VOL.2

寝ても覚めても「ルーサー・ヴァンドロス」:VOL.2

 

60年代後半から70年代初頭と言うのは、音楽シーンでは本当に多くのことが起きた時期である・・・。

・ウッドストック開催
・ビートルズ解散
・ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン死去
・モータウンが本拠地を西海岸に移転
・スタックスがアトランティックレコード配給から外れる
・ローリングストーンズ、アトランティックレコードと契約
・ジェームス・ブラウン、メジャーのポリドールへ移籍
・フィラデルフィアインターナショナルレコードがメジャーCBSと契約
・エルヴィス・プレスリーが歌手活動再開
・50年代のR&R、Do Wopブーム再燃
・シンガーソングライターブーム到来
・ニューソウルブーム到来
・マーヴィン・ゲイ ” What’s Going On ” 大ヒット!
・「黒いジャガー(Shaft)」に始まるブラックシネマ(黒人映画)ブーム
・ファンカデリックがレコードデビュー!
・ビルボードマガジンが、R&Bチャートから SOUL チャートへ名称変更

 

 

そんな時期・・・

「ダイアナ・ロス」「ロバータ・フラック」「ゲイリー・グリッター」「カーリー・サイモン」「チャカ・カーン」「トッド・ラングレンのユートピア」「ドナ・サマー」「ベット・ミドラー」「シック」「バーブラ・ストライサンド」など

大物達のバック・ボーカルを務めていた一人の男性ボーカルに心惹かれた。

彼の歌はオリジナル曲を全て自分のものにしてしまう!

そのボーカルこそ「ルーサー・ヴァンドロス」!!

スモーキン・ロビンソンの「Ooh Baby Baby」をものの見事に自分のものにしてしまうのだ。

by JELLYE ISHIDA.




5.0 rating

LEAVE A REPLY.

*
*
* (公開されません)

 

映画『リスペクト』

 

映画『THE UNITED STATES VS. BILLIE HOLIDAY』

 

Return Top